外貨両替だけではなく海外キャッシングでも現金を確保することができます。

海外キャッシングの落とし穴

 

海外旅行や出張に行く際には、外貨両替ではなくクレジットカードの海外キャッシングで、提携ATMから必要な分だけ現地の現金を借入する方法があります。
海外に行くときは、日本の銀行もしくは日本や現地の空港にある外貨両替所でまとめて両替するのが一般的な方法です。

 

インフラの整っている日本で見ても、空港以外で外貨両替できる場所は銀行に限られていて、ドル以外の外貨両替をできる場所は都市圏でも限られています。
また、発展途上国の国境周辺にいる個人の両替人は詐欺が多いので注意が必要です。

外貨両替に関する詐欺

 

土地勘のない海外に行くと、観光地などの目的地で外貨両替できる環境があるか分からないことから、外貨両替は出国と帰国時の1往復でまとめて行うのがセオリーです。

 

海外キャッシングを使えば、街中にあるカードブランドマークのあるATMから現地通貨を借入できるので無駄をなくして、入国当初に大量の現金を持ち歩くリスクを軽減できます。
上手に使えば便利でお得な海外キャッシングですが、スペックや利用条件を気にせずに使うと、気付かぬうちに高額な手数料を取られてしまう落とし穴があるので注意しましょう。

 

利用するクレジットカードのブランドによる為替レートととリボ払いの繰り上げ返済可否によって海外キャッシングの利用価値は大きく変わります。

 

海外キャッシングのレートと手数料

 

海外キャッシングのレートは、カードブランドごとに定められています。
通常のカード払いをする際と基本レートは共通で、ドルやユーロであれば銀行やカード会社ごとでレートに大きさ差はありません。
発展途上国などマイナーな通貨だと、基準になる為替レートに差が出てくる場合があります。VISAやマスターカード、JCBなどのシェアが高いカードブランドなら、極端に高いレートにはならないので安心です。

 

海外キャッシングを利用するコストは以下の通りです。

 

  • 為替レート(カードブランドごとに設定)
  • 国産ブランドの為替手数料 (0~0.3%程度)
  • ATMの手数料 (100~500円)
  • リボ払いの金利 (主に年利18%)
  • 繰り上げ返済の振込手数料

 

ドル円の場合、日本の銀行で外貨両替を行うと2~4%(1ドルあたり2~3円)の手数料を取られます。
海外でのカード決済は国際ブランドの為替手数料に加えて、1~2.5%ほどのカード会社の手数料を取られます。
海外キャッシングは1回に利用する金額によっては、他の外貨両替やカード決済よりもお得になるケースがあります。

 

カード会社によっては、海外と日本のATM手数料を2重に取るケースがあるので注意しましょう。
また、カードによっては海外キャッシングは強制的にリボ払いになり、繰り上げ返済に対応できない落とし穴があります。
つまり、海外キャッシングする際は、所有するクレジットカードのATM手数料と支払い方法および一括返済の可否を確認する必要があります。

 

強制リボ払いになるケースがある

 

キャッシングを行うクレジットカード

クレジットカードによって、海外キャッシングの支払い方法が一括払いに対応する場合と強制的にリボ払いになるケースがあります。
さらに、一部のクレジットカードは海外キャッシングをした場合の繰り上げ返済に対応できません。
つまり、レートや他の手数料が安くても利息が高く付いてしまうリスクがあります。

 

海外キャッシングのリボ払いを繰り上げによる一括返済する場合は銀行振込のみ対応しているケースが多いです。
JCBはコールセンターに連絡すれば、利息を停止するサービスを行っています。ネットバンクを活用して現地で振込をすれば利息は数日程度の日割り換算に抑えられるテクニックもあります。

 

一括返済できないと、手元に現金があるのに借金をした扱いになり、長期間に渡って支払いを続けないといけません。
海外キャッシングを利用する際は、必ず一回払いか繰り上げ返済可能のクレジットカードを活用しましょう。

 

20万円相当を年利18%、月々の返済2万円で元利一括方式のリボ払いした総支払額

支払い回数:11回(2万円×10回、最終月18,320円)
総支払額:218,320円
利息割合:約9%
※利息計算は日割りなので、決済日と支払日によって若干異なる

 

上記の条件だと20万円の利用で約9%の利息を取られるので他の手段で外貨両替する数倍のコストになってしまいます。