外貨は極力余らせないように現地で使い切ることを心がけましょう。

外貨が余った場合

外貨の紙幣と小銭

外貨が余った場合、可能であれば再び日本円へ両替するべきですが、外貨から日本円への両替は最低単価が決められています。
米ドルなど主要な外貨の場合、基本的に両替できるのは紙幣の外貨のみで金額を問わず硬貨には対応していない窓口が多いです。

 

新興国の外貨は日本円から外貨への両替はできても、外貨から日本円への両替を扱っていない所が多いので注意しましょう。
両替できない外貨が余った場合の対処法をまとめました。

 

硬貨をポイントへ交換

従来は外貨の硬貨が余って日本に持ち帰っても使い道がありませんでしたが、昨今は余った硬貨を国内で使えるポイントに交換するサービスが普及しています。
主要な国際空港では、外貨の硬貨をTポイントや楽天ポイントなどへ交換する機械が設置されていることが多いです。

 

両替レートは通常の窓口両替より悪くなることが多いですが、少しでも無駄をなくしたい方は硬貨を身近な場面で使えるポイントへ交換できるサービスを事前に調べておきましょう。
空港以外の設置場所が少ないので、海外へ行く前に設置場所を確認し各種設定を済ませておくと便利です。

 

自宅保管

貯金箱に外貨を入れる手

外貨が余った時は、使い道がないことを理由に自宅へ保管する方がもっとも多いです。
一部では少量の紙幣・硬貨を記念でわざと余らせて保管している方もいます。
外貨はその国がこだわったデザインになっていて、海外旅行中の思い出が残るものです。
記念に残したい方は、あえて少量の硬貨が余るように現地で現金マネジメントをしましょう。

 

自宅保管をすれば、再びその外貨を使える国へ行く際に活用することができ、海外へ行く友人・知人が現れた際に格安での両替もしくは譲渡をする方が多いです。

 

窓口両替できないような金額であれば、譲渡することを検討してみてください。同等額以上のお土産で返ってくるかもしれませんよ!

 

なるべく外貨を余らせないことが大切

米ドルなど主要な外貨は硬貨のポイント交換サービスなどが用意されていますが、新興国では日本に持ち帰っても使い道が一切ないことがあります。
一部でマイナー通貨の両替をしている業者もありますが、窓口が少なくてレートが悪いので注意しましょう。
新興国へ行った際は、現地で日本円へ両替できる業者がないか確認してみてください。

 

このように余った外貨を日本円から外貨へ両替するのと同等の条件で両替・活用することはできないので、なるべく外貨を余らせない工夫をすることが大切です。
端数の発生する支払いはクレジットカードを活用し、外貨は紙幣単位で使えるようなサービスへの支払いに限定するなどの工夫をしましょう。

 

国によってはチップが必要になるので、1ドル札などチップ用に細かい紙幣を用意しておくと便利です。
両替できる場合でも手数料の都合で割高になってしまうので、余った外貨は帰国直前に使い切る方法もおすすめです。

 

募金という選択肢

日本へ余った外貨を持ち帰った場合、募金することを検討してみてください。
ユニセフをはじめ複数の団体が国内で両替が困難な余った外貨の募金受付を行っています。
自分のために活用する方法ではありませんが、余った外貨をその国の発展・支援で有効活用してもらえます。